デリヘルを呼ぶ場所について気を付けたいこと|デリヘル・風俗おすすめスポット情報館

デリヘルを呼ぶ場所に関して、自宅やホテルなど様々な選択肢があるかと思いますが、今回はホテルや自宅に呼ぶ際に気を付けたいことについて解説していきます。

デリヘル・風俗おすすめスポット情報館 サイトマップ

デリヘル・風俗おすすめスポット情報館 TOP デリヘルをより楽しむために デリヘル嬢の選び方注意点 デリヘルの料金・総額の注意点 デリヘル店で遊ぶ前に知っておきたいポイント コスプレデリヘルで着衣プレイ 利用する時間の選び方には注意が必要 デリヘルを呼ぶ場所について気を付けたいこと デリヘル嬢は愛液が出る? 客も値踏みされている?デリヘル嬢に好かれる方法とは カップルでデリヘルを利用しよう!? あえて地雷をコンセプトにするお店は誰得なのか? デリヘル嬢のプロフィール文から当たり嬢を推測! デリヘルで複数プレイを楽しもう! 最近の格安デリヘル事情を考察 アナル専門デリヘルの真実 デリヘルランキングの種類を解説! 掲示板のデリヘル情報、嬢の噂は真実?それとも嘘? ランカー嬢とナンバー嬢の違いは何? デリヘル指名ランキングとは? 出稼ぎ嬢を見抜く方法 地雷嬢とは?その特徴と見分け方 デリヘルで本番をしたらどうなる? デリヘルランキングは当てになる?順位の基準は? 満足度が上がるオプションの選び方 こんなにある!デリヘルのコンセプトまとめ 高級デリヘルは本番以外なら何でもできる 日中、夜はホテヘル、深夜以降はデリヘル営業の訳 お茶引き嬢のお客への不平不満 イッたらすぐに女の子を返したい! プレイ前、途中でオプション追加は可能? 格安風俗で当たりを引く方法 パネマジ被害にあわない方法 風俗で見かける「ASK」とは どうしてもビジネスホテルにデリヘルを呼びたい 差し入れとかチップって必要なの? 風俗の種類とプレイ内容 風俗別!料金の支払い方・流れ デリヘルとホテヘルの違いとは? デリヘルをビジネスホテルに呼ぶ際の注意点 クレジットカードを風俗で使っても大丈夫?

風俗なんでもQ&Aサイト、登場。

風俗嬢や風俗店店長、スカウトなどプロも参加する風俗専用Q&A掲示板が新登場!ほんの小さな質問でもプロが答えてくれるかも。さっそく掲示板をのぞいてみよう。

デリヘルを呼ぶ場所について気を付けたいこと

デリヘルを自宅に呼ぶ

デリヘルは自分が指定した場所に女の子を派遣してくれる便利なサービスです。指定した場所に派遣してくれるので、もちろん自宅にも派遣してくれます。家族が一緒に住んでいるとか急に彼女が遊びにくるといった危険性がない場合は自宅に呼ぶほうが、ラブホにわざわざ出向く必要もなくホテル代も浮き、安くあげることができるので、お財布にも優しいでしょう。しかし、自宅に呼ぶ場合、注意しなければならないことがあります。

きれいに掃除しておく

まず一番大事なことは部屋の掃除です。面識のない女の子を自宅に入れるわけですから、マナーとして綺麗に掃除をしておくことが必要になります。足の踏み場がないほど床にものが散乱している、なんて事のないようにしましょう。

部屋の掃除の次はお風呂場も清潔にしておきましょう。派遣されてきた女の子は必ずシャワーを使います。その際にお風呂場の床がぬめっていたり、カビだらけのお風呂ではサービス開始前からテンションが下がり、早く帰りたい、と思いかねません。女の子が早く帰りたい、と思ってしまうと、サービスにも気が入らずおざなりなサービス内容になってしまう恐れがあります。せっかく自宅に呼ぶのですから、心行くまでサービスを楽しむためには清潔を心がけましょう。

細やかな気遣いを

ここでひとつ、女の子が喜ぶテクニックとして、バスタオルを用意しておくことがあります。お店によっては女の子にバスタオルを持たせるところもありますが、必ずしもそうとはかぎりません。

ラブホであればバスタオルの用意もありますが、自宅ではそうそう期待はできないですよね。そこで、女の子のためにバスタオルをあらかじめ用意しておくと「自分のために用意してくれた」ということでご機嫌もよくなることでしょう。洗い立てのバスタオルもいいですが、ここはちょっと奮発して新品のバスタオルを用意するのがベター。これは高いものでなくても構いません、100円ショップに売っているようなバスタオルで十分です。

布団の洗濯も忘れずに

そして布団の清潔さが必要です。湿ってシーツの汚れた布団より、せめて清潔なシーツがかけてあるほうが、女の子も何も気にせずにプレイに集中できるというもの。布団を干すほどのスペースやベランダがない場合は市販の布製品用消臭剤などで、除菌・消臭しておきましょう。仕事とはいえ、面識のない男性宅で服を脱いで直接布団に横たわるのですから、気遣いを忘れないように。

リラックスしてもらおう

これらが基本的に注意するべき点ですが、上級編としましては、派遣されてきて時間と料金を決めたら、「はい、すぐプレイ」というのでは味気がないし、店舗型の風俗とあまり変わりがなくなってしまいます。

それではせっかく自宅に呼んだ甲斐がないというものです。コーヒーや紅茶などの飲み物を準備しておき、緊張している気分をリラックスさせてあげましょう。時間や懐具合に余裕があるときはすこし長めにリラックスしてもらうための時間をとり、お寿司とかピザなどを取っていっしょに食事を楽しむというのはお勧めです。

時間中、ずっとプレイしっぱなしというのもいいのでしょうが、やはり、少し休憩を入れてあげると「気遣いのできる人」という印象を与えるので、再度プレイを再開しやすいでしょう。また間に食事を挟むことで女の子の気分をほぐし、「いいお客さん」と言う印象を与えます。そうなると、女の子にとっては行きたい派遣先となって、次回指名したときも喜んで来てくれるかもしれません。

恋人感覚でイチャイチャできるのがデリヘルの楽しさの醍醐味でもありますから、限られた時間内で思い切り楽しみましょう。

デリヘルをホテルに呼ぶ

家にデリヘルの女の子を呼んで遊びたい!と思っても、事情があって自宅に呼べない場合もありますよね。例えば家族や彼女がいる、部屋に他人を入れるのに抵抗がある、などの理由が多いと思います。

そんな時に便利なのがホテルで利用する方法です。自宅が難しい時はどんどん利用しましょう。また、出張先や旅先で夜遊びをしたくなった時にも便利です。ただし、外に派遣してもらう場合は、自宅と違って少し注意が必要な部分があります。注意すべきポイントをみていきましょう。

ホテルに呼ぶ場合の注意点

まずホテル代が別途必要になります。費用を最低限に抑えるには、ショートタイムを使うのが最も有効です。他にもクーポンなども活用すれば、数千円の出費で済むことも多いでしょう。ラブホテルによっては、別々の入室が不可の場合があるので気を付けましょう。このような場合は、駐車場や近くの場所で待ち合わせて入室するようにしてください。

こういったことは事前に店舗に確認しておくことが大切です。店舗が提携しているラブホテルを紹介してくれる場合もあります。こうした場合は料金が格安だったり、「休憩代込みで○○円」といったサービスを利用出来ることも。店舗に確認して上手に利用しましょう。

ビジホは要注意

続いて、ビジネス・シティホテルです。こちらはラブホテルに比べ注意点が多いので利用するときは特に気を付けましょう。まず施設自体がデリヘルの利用を禁止している場合があります。禁止されているところではトラブルになる可能性があるので、利用するホテルはよく吟味してください。

禁止とは明記していなくても、「利用可能」と堂々と明記している所もありません。ですので、ビジネス・シティホテルで女の子を呼ぶ場合は細心の注意が必要です。まず、基本的には部屋には宿泊客以外は入れられません。女性が来ても、部屋に入れる時には宿泊客としてでなければならないのです。そのため「後から連れが来るので」と伝えて、ダブルやツインの部屋を取っておく必要があります。

また、部屋まで直接呼ぶのは難しくなります。ロビーや施設内のサロン、バーなどで待ち合わせして一緒に入室するのが無難でしょう。数時間ならば宿泊客以外の人を部屋に入れても大丈夫な場合もありますが、これは経営方針次第としか言いようがありません。そうしたシングルでもデリヘルの利用がしやすいビジネス・シティホテルは、店舗の方が知っていることも多いので、女の子を予約する際に「シティホテルで利用したいが、どこかいいところはないか」と聞くのも1つの方法です。

外は自宅に比べ注意点も多いですが、もちろん長所もあります。いつでも清潔に保たれ、アメニティグッズも充実しているため、女の子に好評なことが多いようです。また、誰にも邪魔されない空間で、いつもと違う雰囲気の中プレイが楽しめることも魅力です。特別にお気に入りの嬢や、ここぞ!という楽しみたい時には、奮発してゴージャスな場所でプレイするのもアリかもしれませんね。

最強!デリヘル呼び方マニュアル